ラーメン屋 開業シミュレーション!

★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

集客に欠かせない事

ラーメン屋さんの開店シュミレーション。

 

売り上げを上げるには、とにかく集客が大事。

 

で、目安にすべきなのは、前の週と比べて客数が増えたかどうか。

 

前年同月比なんて小さな飲食店にとっては意味がない。

 

週ごとの売り上げも、お客さんの懐具合で客単価が変動するので、比べようがない。

 

なので集客がうまくやれているかどうかを見るには、客数を見ればいいという。

 

飲食店を経営していると、疲れる。

 

毎月毎月売り上げとコストと利益を計算して、困ったな・困ったなと頭を悩ませる。

 

しかし、これは結果でしかないから今更どうしようもない。

 

問題は、今からどうするかという事だけ。

 

なので結果に対しては、「よかった」「まあまあ」あるいは「残念だった」でお終いにして、次に進むべきだ。

 

大事なのは、客数が増えているか減っているか。

 

前週よりお客さんの数が増えているか減っているか。

 

そしてどうすれば客数を増やせるか、と考える事だという。

 



繁盛店は、かならず赤い色をうまく使う

お客さんを増やす方法は、色々ある。

 

たとえば、ラーメン店というのは、モノを食べてもらう事で売り上げが上がるが、食欲をあげる色やデザインというのがあるわけだ。

 

色彩でいえば、赤が食欲をさそう色で、青は逆に食欲を落とす色だという。

 

ダイエットや過食症のために、青色のサングラスが売られていて、食事の時にコレをかけていると食欲が落ちるという。

 

青色のフリカケをかけるというダイエット法もあるらしい。

 

つまりラーメン屋なのに、おしゃれな内装にしようとして、青っぽい内装にすると、お客が来ても客単価は上がらないわけだ。

 

ダイエット専門食堂ならば、そういう事をしてもいいが、食欲を落とさせる青色は徹底的に排除して、赤色を増やさなければならない。

 

中華料理屋が毒々しい赤色なのは、それが長年の経験で分かっているからやね。

 

中華料理屋みたいな毒々しい赤色はイヤだというなら、店の看板や玄関先に、赤色のモノを増やせば良い。

 

壁紙もさりげなく赤色を入れて、青色を排除すればいい。

 

客単価を上げるため、というのがよこしまな気分でイヤならば、楽しく食事をしてもらうために赤い色を使うと考えればいい。

 

食欲が湧くというのは、楽しい事なので、楽しさを演出するために赤色を増やす。

 

NEXT:欠点を一つ一つ潰していく

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加




トップへ戻る