ラーメン屋 開業!

ラーメン屋の開業資金 居抜き物件でも500万はかかる

★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

ラーメン屋を始めるのにかかる費用

ラーメン店開業するには、開業資金が必要だ。

 

厨房施設などがすでに備わっている居抜きの物件を見つける事が出来れば、かなり開業資金は安くあげられるが、それでも数百万はかかる。

 

たとえば月30万円の物件を借りて始める場合、最低その7ヶ月分のお金がないと物件が借りられない。

 

30万円の7ヶ月分だから、約200万円だ。

 

そして居抜きであったとしても、内装や看板、その他の施設の更新などに、2〜300万は必要になるだろう。

 

オープンしてから数ヶ月は、赤字になる可能性も高いから、その間の運転資金も必要になるわけだから、500万円以上の資金は最低必要だろう。

 

施設を一から作るとなると、もちろんさらに数百万円かかるので、一千万円くらい必要だという事になる。

 

ラーメン屋開業資金(運転資金以外)
物件取得費(家賃の約7ヶ月分)駅前物件(月25〜35万)×7=175〜245万円住宅地物件(15万〜25万)×7=105〜175万円
内装工事(新規)約200〜300万円
厨房設備工事(新規)約200万円
外装・看板約100万円
空調設備(エアコン・換気設備 新規)約100万円
什器購入(棚や食器など)約100万円
合計約710〜1050万円

スポンサードリンク

当面の運転資金も必要

ラーメン屋を開業するには、当面の運転資金も必要になる。

 

目安としては、やはり半年分くらいは見ておいた方がいいだろう。

 

特に人を雇って始める場合は、これはしっかり確保しておく必要がある。

 

お客が来ないからといって、給料を払わないで良いというわけではない。

 

そんな事をしていると、犯罪になってしまうしね。

 

となると、月々の運転資金がどれくらい必要になるかも計算しておく必要がある。

 

そしてその資金をどうやって調達するか、プランを立てないといけない。

 

自分で資金を用意出来るなら良いが、銀行や信用金庫から借りるには、事業計画書などをきちんと作っておかないといけない。

 

中小企業を相手にしてくれる金融機関は、もう圧倒的に信用金庫だ。

 

間違ってもいきなりメガバンクに融資を申し込まない方がいい。

 

信用金庫の場合は、中小企業をメインの顧客にしているので、メガバンクよりも専門知識も豊富だし、面倒見も良い。

 

運転資金は、家賃、光熱費、材料や備品の購入費、従業員の給料ということになるが、これはもう開店するラーメン屋の営業規模で、全然かわってくる。

 

NEXT:ラーメン屋の運転資金とは

スポンサードリンク

飲食店経営 教材人気ランキング 2016/12

★第1位★ドン底だった飲食店が一躍繁盛店へと大逆転!わずか60日でお客さんを2倍にする、誰にでもカンタンにできる集客方法!

★第2位★攻めの飲食店経営術 強い経営体質を生む デリバリープロジェクトマニュアル(DPM)

★第3位★儲かるラーメン屋の作り方!ラーメン屋開業マニュアル

★第4位★たった1枚のアンケートで繁盛飲食店?!ラーメン『津気屋』の繁盛飲食店集客プロジェクト

★飲食店用エクセル帳票★効果てきめん!飲食店を繁盛させる帳票はこれ!飲食マネジメント帳票

★ジュガール★多くのインド人ビジネスマンはなぜアメリカで成功できるのか?サチン・チョードリーがその秘密を日本に伝える印僑大富豪の教え“ジュガール”

★美容院・サロン経営★集客で悩む小さなサロンオーナーのための「進化塾」

ネットで稼ぐ 教材人気ランキング 2016/10

★第1位★儲かるセールスレター、チラシの書き方はこれ!キャッチ・ザ・ライティング

★第2位★集客できるホームページはこれ!SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」

★第3位★情報企業で稼げ!和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科

★第4位★ツイッターで稼ぐ方法 集客&自動化ツールフォローマティックXY

★第5位★月収1,000万円以上!ネットで大金を稼ぐ小玉歩のノウハウザ・メールマガジン

このエントリーをはてなブックマークに追加